2016.04.25 Monday

CroffleとOlive&Pineapple

タイトルの"Croffle"とはなんぞや?
Croissant + Waffle = Croffleですっ。
我が家の週末ブレックファーストになくてはならないワッフルメーカー。毎回生地を変えたりハッシュポテトを焼いてみたり...といろいろ使えます。で、最近よく登場するのがこのCroffle。
クロワッサンって言うと外はカリカリで中はしっとりフンワリ。でもワッフルメーカーで焼くと中までカリサクになって美味しいんですっ。

使うのはあくまでもクロワッサン生地(甘いデニッシュじゃない)。
朝ベッドから起きたら即オーブンに直行し、解凍しておいた生地を突っ込んで発酵させる(Mieleオーブンはコレが出来るのも良い)。その間にいろいろ身支度したり洗濯干したり。ぷっくり膨らんだ生地をワッフルメーカーに入れてクルリっとやる。

ガリザクな歯ごたえがたまらず旦那は「おかわりっ!」。
部屋中幸せな香りが漂う休日の朝です。

我が家では1年中食べるパイナップル。でも夏になるにつれ値段が上がります。
安いうちに...っと大量にPineapple Jamを作りました。

そしたらね...間違えてKosher Saltを投入してしまった。。以前「お砂糖いろいろ」で紹介したように、お塩もLemon SaltとかタブレットとかSEL FIN DE CAMAROGUEとかPink Saltとか....いろんな種類を使い分けています。
Kosher Saltは天然&無精製でミネラル豊富、溶けやすくまろやかな塩っけとほんのり甘みもあり値段も格安(1.4kgで$2ほど)なので、我が家では料理やお菓子作りによく使う。が...粒が大きいので”ひとつまみ”の時は気をつけなきゃいけないです。。入れすぎてジャムにしてはしょっぱすぎた....しかも我が家のジャムは甘くないので余計塩味が際立ってしまいました〜。なので急遽パイナップルソースとしてポークグリルなどで美味しく使ってます。

昨年秋に収穫したオリーブのアク抜きがようやく終わりました。
前回の失敗を踏まえ頻繁に水を入れ替えて約半年。すっかり渋みがなくなった!

少しずつ食べられるように今回はオリーブのみをレッドビネガーピクルスにしてみた。
いつも使っているHomemade Canning用の瓶では入りきらず、取っておいたジャム瓶に入れて密閉。オリーブの実は嫌いな私なのにコレはとっても美味しいっ!
正直1つづつ収穫するのも面倒だし、時間をかけてアク抜きするのも手間がかかるので今年はいいかなぁ...っと思っていたけど、こんなに美味しいならまた頑張ろうっ!

我が家のHome Canningシリーズはこちらから。
Spicy Ketchup
Tomato Jam
Balsamic Strawberry Jam
Smokie Apple Butter
Maple Apple Butter
Lemon Card 
Bluebelly Sauce
Basil Pest
Pineapple Jam
SEMI-DRIES TOMATOES
Pickles
aglio, olio e peperoncino

---Home Canning---

2015.10.19 Monday

ズッキーニと巨峰とクッキー

旬な物をギュッと瓶詰めにするHome Canningシリーズ。

・Bread & Butter Pickles
ズッキーニとキャベツをたっぷり詰めこんだピクルス。ほんのりピリッと&甘さと酸味が絶妙な美味しさで、一口食べると止まらなくなる。

材料をそろえて鍋にぶち込み....。

チャキチャッキやってあっという間に出来上り〜。Picklesと響きはかっこいいけど....ま、お漬け物だね。

このサイズのビンに保存しても1回で食べてしまう。。なのでビッグサイズのビンで作って、小分けなのはプレゼント用。
ハムやチーズ、パンやパスタ。何にでも合うのでついついカリカリ。美味しくてたまらん&とまらんです〜。

・Kyoho Grapes Jam
贅沢にも巨峰をたっぷり使ったジャム。

名古屋に住む親友の実家が甲府なため、毎年大量に巨峰を送ってくれる。
で、今年もたっくさん届きましたっ!

トマトジャムと同じで”もったいない”と思いつつ....。え〜いっ!っと作ってしまいました。
トロトロ果肉たっぷりで、一口食べれば「巨峰だっ」っと分かる美味しさです。う〜ん....幸せ。。

Espresso Cookies
エスプレッソの苦みとブラウンシュガーのコク、オレンジピールが大人なクッキー。

ガリザクでコーヒーとの相性抜群。ほっこり&まったり贅沢な時間が過ごせます。

Animal Cookies
こちらは子供向けなクッキー。

ココアとバターミルクのほんのりした甘さと、葉っぱにドングリ、クマにリスにハリネズミ.....これで子供の心をわしづかみですっ。

我が家のHome Canningシリーズはこちらから。
Spicy Ketchup
Tomato Jam
Balsamic Strawberry Jam
Smokie Apple Butter
Maple Apple Butter
Lemon Card 
Bluebelly Sauce
Basil Pest
Pineapple Jam
SEMI-DRIES TOMATOES
Pickles
aglio, olio e peperoncino

---Home Canning---
 

2015.02.20 Friday

卵とナッツとLemon Card

仕事先で旦那がアローカナ卵をもらって来た。卵大好きな我が家には嬉しい頂き物ですっ。
ご存知のように淡いティファニーブルーな殻を持つこの卵は、数ある高級卵ブランドのうちの一種で1個¥150ぐらいから高い物で¥300以上するのもある。

この画像で奇麗に見えるかどうかわかりませんが、本当に奇麗な色をしてるのよ〜。
卵が好きなので今まで何度か買ったことがありますが、なんせ高いので目玉焼きか生で食べます。

旅先などで美味しそうな卵を見るとつい買ってしまう私。
やれコレステロールが...などと言うコトは一切気にせず、一度に2個とか食べちゃいますっ。

鮮やかなオレンジ&ぷっくりな黄身とプルップルな白身。

カリカリなベーコンと一緒に幸せ朝御飯の定番メニューですっ。

Home madeなLemon Cardにも卵を使います。オマケにバターも入るので食べ過ぎ注意。
その代わり糖分が少ないので、レモンの酸味とほんのりセージの香りが食欲をそそるんですっ。

Apple Butterに続き今シーズンも大量に作りました〜。

オマケ:
ナッツについては何度か紹介しましたが、こうやって袋に入れてオヤツとして持ち歩くのも便利なNutsさん達。

車を運転しながらポリポリやると、結構お腹もふくれて丁度良い腹ごなしになるんですっ。

毎回食べる分だけ自分でロースト。メープルシロップやハチミツで味付けしたり、何も入れずそのままの時もある。
これなら気分的に安心できます(食べ過ぎ無ければ....)。

---Nuts---


2015.02.09 Monday

Strawberry Jamとフルーツビュッフェ

只今、私のQueen of fruitなイチゴシーズン真っ最中。毎日とはいかないけど、もう....食べまくってますっ!
  1. 何も付けないでパクパク
  2. ヘタを取った穴にコンデンスミルクをたっぷり
  3. ホイップクリームを乗せて
  4. バルサミコを数滴
  5. パンケーキやサンドイッチに....
っと、その日の気分によって日々楽しんでる。

中でも”St.Helena Olive Oil Co.”のバルサミコで食べるのがパーフェクト。
12年以上樽熟成させたこのバルサミコは、コクと旨味、奥深くまろやかな酸味&甘みが秀逸なんですっ。イチゴやオレンジ、イチジク、桃などのフルーツはもちろん、アイスクリームや肉料理との相性も抜群で、絶対我が家に無くてはならない物。
買いだめしておいた最後の1本が残り少なくなりチビチビ使っていましたが、先日まとめて発注したので一安心。

そしてコレも忘れずに....。

新たにHome Canningシリーズに加わったストロベリー・ジャム。
果肉ゴロゴロでイチゴの美味しさそのまんま。バルサミコのコクと蜂蜜の風味、自然な甘酸っぱさが最高ですっ。
ちなみに料理に使うバルサミコはこちら。
我が家のジャム類には砂糖がほとんど入らないので、賞味期限1年も持つかどうか最初は不安だったけど.....。Home Canningも2シーズンを迎え大丈夫だって事がわかりました。なのでシーズンオフでも季節の美味しさを楽しめます。

我が家のHome Canningシリーズはこちらから。
Smokie Apple Butter
Maple Apple Butter
Lemon Card 
Bluebelly Sauce
Basil Pest
Pineapple Jam
SEMI-DRIES TOMATOES
Pickles
aglio, olio e peperoncino

---Home Canning---

話変わって予約開始5秒で売り切れるプラチナチケット、千疋屋世界フルーツビュッフェの話題。
フツーツ大好きな私が感動したこの食べ放題、前回秋に行った時はイチゴが無くて....。今行けばたらふく食べられるだろうと思い予約してみたらめでたく取れましたっ。今まで4回チャレンジして2回予約出来ているので好成績ですね。

今回も時計職人友人夫婦同行で、世界のフルーツを食べ尽くしました〜。

Queen of fruitなイチゴとkingなメロン。後半はコレに絞ってひたすらおかわり。
”あまおう”よりも更に高級な千疋屋オリジナル品種”クイーンストロベリー”は、バランスの取れた甘さと酸味、そしてジューシーな果肉に感動!!12個入りで¥7,000ぐらいするのも納得。
ちょうどこの日は高級干し柿の枯露柿(ころがき)がメニューにあり、幸せそうに3〜4個食らいついていた旦那。これまた1つ¥800〜1,000ぐらいするからね....お互い十分に元を取りました〜。

私:「クイーンがイチゴ、キングがメロン。みんなは?」
時計職人:「同じくクイーンがイチゴでキングがブドウ。」
時計職人ヨメ:「キングはバナナ。」
旦那:「クイーンは桃でキングが干し柿。」
皆:「干し柿〜?!.....渋いキングだね。。」

などと盛り上がり、楽しいディナーとなりました。
次回はブドウの季節な夏に参加してみたいと思います。楽しみじゃぁ〜。
 

2015.01.27 Tuesday

Dry Aging BeafとApple Butter

最近日本で流行のドライエイジングビーフ。
今だ行政による”ドライエージング技術”に対しての規制が無いため、ドライエイジングと言いつつほとんど腐ったような肉を出すレストランもある。でも、「これがウチの熟成肉です。」と言われてしまえばそれまで。
このままだと食中毒や他の重大な問題が出てきそうなので、しっかりとしたガイドラインを早いところ設定して欲しいです。

アメリカンスタイルのドライエイジングビーフが好みな我が家は霜降りたっぷりよりも赤身肉をガッツリ食べたいタイプ(もちろん脂身もWelcome)。
そんな中、高級食材がズラリと並ぶ某有名デパ地下のお肉屋さんにてドライエイジング和牛を発見っ!和牛はまだ一度も食べたことが無い&自分で調理したことが無いので思い切って買ってみた。

サーロインやヒレは¥2,800〜¥3,800/100gな中、赤身のカメノコ(※)は¥1,000/100gナリ。で、迷わずカメノコ400gを購入し、厚さ4〜5cmの肉の塊に大興奮。
さすが和牛だっ!赤身なのにこんなにサシが入ってる〜。
※”カメノコ”って何処よ?=内モモのさらに内側にある部分。ももの中では最も肉質がよい赤身肉の一部。

こういうステーキの時は塩&コショウのみとシンプルな味付けと決まってる。
とにかく分厚いのでオーブンに入れたい所だけど、火加減を見ながら調理したかったのでスキレットを傾けながら強火寄りでフランベして焼き上げた。高い肉を焼くときは緊張します。。
で、お味はと言うと....。
旦那&私:「う〜んっ!!サイコー!!!」
外はカリッと中はジューシー。ドライエイジングビーフ特有の”サックサク”な食感に、凝縮された肉の旨味と和牛ならではの脂の風味。チョイスした部位と言い焼き方&焼き加減と言いパーフェクト!
心配していた”腐敗感”は全くなく、とても美味しいドライエイジングビーフでした。このクオリティーで1人前¥2,000なんて超お徳ですっ!!
お肉屋さんでは日によって売っている部位が違うので、今度は別の部分にチャレンジしてみたいと思います。

話変わって、今シーズンもApple Butter作りましたっ。

今回は一度に大量に作ったので(1.2kgぐらいできた)、豪快な作業でした〜。
オーブンでじっくりローストした紅玉の香りが家中に漂います。

先日紹介したApple Core Removerが大活躍。あっという間にリンゴの芯抜き完了。
これでまた1年中美味しい物が食べられますっ。

我が家のHome Canningシリーズはこちらから。
Smokie Apple Butter
Maple Apple Butter
Lemon Card 
Bluebelly Sauce
Basil Pest
Pineapple Jam
SEMI-DRIES TOMATOES
Pickles
aglio, olio e peperoncino

---Home Canning--- ---Dry Aging 和牛---

2014.12.28 Sunday

Apple

ただ今シーズン真っ最中なリンゴが山積みです。

以前紹介しましたが、いろんな食べ方で楽しめるリンゴ。

最近はアルプス 乙女も常連です。

チョイチョイっとカットしてバターで軽くソテーして.....。

トーストやワッフル、パンケーキと一緒に食べると幸せですっ。

リンゴは皮付きのまま調理or丸かじりする事が多いけど、いつもイラつくのが芯部分。
よく見かけるApple Core Remover(リンゴの芯抜き?)は、どうせ役立たずだろうと勝手に決めつけ買う気にはならなかったんだけど....。

買ってみた。。
簡単綺麗にスポンっ!!と抜けて目からウロコなアイテムでした〜。もっと早く買えば良かった。。
Apple Butterのストックが無くなったので休み中に作るつもり。コイツが大活躍してくれること間違い無しですっ。
乙女リンゴにも使える超ミニサイズがあれば良いのにな。

さて、旦那も今日から冬休み突入。いろいろやってのんびり楽しく過ごします。
 

2014.10.16 Thursday

SEMI-DRIED TOMATOES

我が家のホームキャニングシリーズNo.7。"SEMI-DRIES TOMATOES"

少し前にブツクサ言っていたセミ・ドライ・トマトを作ってみた。
New York Grillで食べたトマトはこのぐらいの大きさで、肉厚&果肉はしっかりしてた。作り方を教えてくれたスタッフの兄さんに品種まで聞けば良かったと、機転の利かない自分にちょいと腹がたってしまう。。
日本の品種じゃ水っぽすぎて味が薄く、ミニトマトじゃ食べる所が少ない。で、今回はケチャップを作るときなどによく使われるRoma Tomatoをチョイスしてみた。

分厚い輪切りにしてニンニクとローズマリー、ひとつまみのお塩を振りかけオーブンでじっくり1時間ほどロースト。オリーブオイルに浸して瓶詰め完了!
トマトは大きすぎず小さすぎず、丁度良いサイズで大正解。

トマトのはじっこの方は身が小さいのでパスタ用(左)。真ん中らへんの大きいヤツはそのまま食べる用(右)。

で、お味はというと....トマトの美味しさがギュ〜っとつまって濃厚で美味しいっ!!
いつも作っているRoasted Tomato Soupのトマトをそのままオイル漬けするだけじゃん...っと、瓶詰めしている時に気がついた。。美味しいとわかっていたのに何で今までやらなかったんだろう。。

バリバリのハードパンやモッツアレラチーズと合わせて食べたり、サンドイッチやトマトタルトに入れてもサイコー。
茹でたパスタに1瓶ガバッと入れて塩&コショウで味を整えれば、美味しいパスタソースにもなって便利です。

スプレッド系は四角い瓶に入れているけど、固形物は角が無い方が使いやすい。

ただ....1回で一瓶食べてしまうので、もう少し大きいサイズにすれば良かったかな。。いや...毎回フレッシュなのを食べられるからこのサイズで良いのかな??

我が家のHome Canningシリーズはこちらから。
Smokie Apple Butter
Maple Apple Butter
Lemon Card 
Bluebelly Sauce
Basil Pest
Pineapple Jam


---Home Canning---

2014.09.27 Saturday

Basil Pest と Pineapple Jam

ホームキャニングシリーズにまた新しい仲間が加わりましたっ。
・Pineapple Jam

この時期いつも我が家のフルーツボウルに鎮座しているパイナップル。
以前某ホテルでパイナップルジャムを食べた時に受けた衝撃が忘れられず...。で、瓶詰めしてみた。

鍋に果肉とハチミツ、レモン汁をぶち込んでグツグツ。出来るだけフレッシュな状態を保ちたかったので長時間煮込みたく無かったんだけど、全然ジェリー状にならず....断腸の思いで砂糖投入。
今回はパイナップル自体が超高糖度な品種だったこともあり出来れば入れたく無かったのに。。
でもね、我が家には甘すぎるけど、果肉がゴロッとたっぷり&パイナップルの味がギュッと詰まったおいしいジャムになりましたっ。

いつもジャムを作る時はハチミツ or 大さじ1程度の砂糖を入れ、あとは素材に含まれているペクチンのみでジェリー状にしていますが、「確かパイナップルってペクチン含有量が少ないんじゃなかったっけ?」っと気がついた時にはもう手遅れだった。。
パイナップルの風味を大事にしたいのでリンゴを入れるのは気が引けるけど、次回はこれに頼ってみます。

・Basil Pesto

近所の野菜スタンド(?)や旅先で立ち寄る朝市で、バジルが大量に入って¥100とかで売っているのを見つけては買いあさり.....この夏バジル・ペストをたくさん作りました。

フレッシュバジルとパルミジャーノにニンニク&オリーブ。本来松の実を入れるけどお高いので、我が家にいつも常備してあるナッツ類(かぼちゃ&ひまわりの種、アーモンド、くるみ)を投入し、チョッパーでブゥイ〜ンっと数秒やれば、濃厚おいしいバジル・ペストの出来上りっ!松の実を使っていないので何となくさっぱりした仕上がり。こっちの方が好みかも...です。
煮沸消毒した瓶に詰め、たっぷりオリーブオイルでフタをして脱気殺菌無しの状態で冷蔵庫保管。只今どのくらい日持ちするのか実験中だけど、加熱処理してないのでせいぜい1か月ぐらいかな?

・オマケのAglio, olio e peperoncino

生唐辛子が手に入る季節がやってきた。
毎年乾燥しないうちに...っと、せっせと消費してたけど、こうやっておけばそんなに急がなくても大丈夫です。
種を取って細かく刻み、オイルとニンニクと一緒に瓶詰めして、生ならではの甘みと辛みを閉じ込める。美味しく食べられるならこんな一手間も楽しくなりますっ。

どんどん増えて行く我が家のHome Canning。次は何を瓶詰めしようかしらね....。

Smokie Apple Butter
Maple Apple Butter
Lemon Card 
Bluebelly Sauce



---Home Canning---  -----Chili pepper-----

2014.08.29 Friday

Blueberry SauceとRavioli

7月下旬〜9月中旬ぐらいまでブルーベリーが手に入りやすい季節です。我が家の近所にはたくさんブルーベリー農家があるので、手頃な値段で買えるのが嬉しいっ。
先日紹介したLemon Card同様、旬な時期に瓶詰めして長期保存します。

ブルーベリーと言えばジャムを想像する人がほとんどだと思いますが....私はソースの方が好き。
砂糖は使わず、フレッシュブルーベリーとレモン、そしてほんの少しのハチミツにひとつまみのお塩のみ。10分ほどコトコトやって出来上り〜。

ホームキャニング(煮沸瓶詰め)を覚えてから様々な食材を長期保存出来るようになって嬉しい。ソース作りと同時進行でセッティングしておけば、30分掛からずにキャニング完了です。
砂糖が入っていない(少ない)物は賞味期限設定を半年と勝手に決めている。昨年作ったApple Butterは瓶詰め後半年以上たった今も風味は変わらず美味しく保っているのでガンガン食べちゃってる。。やっぱり1年ぐらい大丈夫なのかな??

砂糖をたくさん入れるジャムよりもサラッとしていて甘く無く、ブルーベリー本来の美味しさを堪能出来ます。
肉料理との相性が良く、グリルしたチキンやポークと一緒に食べると美味しいんですっ。もちろんヨーグルトやパンケーキにかけてもGood。

自前の手打ちパスタが安定して来たので、ラビオリにチャレンジしてみた。

相変わらず手延べなので、形が不揃い&無駄になってしまう生地が結構出る。。ラビオリ作るならパスタマシンは必要か....?
ちなみに中身はお手製ジェノヴァペースト。クリームソースと絡めて食べると最高ですっ。

---Home Canning---  ---Home made pasta---

2014.08.18 Monday

SUMMER RECIPES

我が家に登場する夏メニューの覚え書き。

・Pineapple Muffins

夏になると必ずキッチンのフルーツコーナーに鎮座しているパイナップル。普通にカットして食べたり、お菓子作りのネタになったりと大活躍なフルーツです。
 

2014.03.28 Friday

Rugelach

本日のおやつはNew Yorkでよく見かける"Rugelach"(ルゲラー)。
クリームチーズをたっぷり練り込んだクッキー生地で、ジャムとナッツをマキマキして焼き上げたユダヤのお菓子です。
New Yorkじゃなくてもたまに売っているので、見つけるとついつい食べちゃいます。
日本でも普通に売っているのかと思っていろんな所で姿を探したんだけど.....今まで売っているのを見た事がない。。「初めて聞いた〜。」と言うお菓子博士な友人。”日本ではあまりポピュラーな食べ物じゃない”ってコトを初めて知った私です。
で、食べたくなったらいつも自分で作ってますっ。

”サックサク”な食感とジャム&レーズンの”ヌタッ”とした感じ、そして”ポリポリ”なナッツ達の歯ごたえがたまりませんっ!クリームチーズとスパイスの組み合わせが独自の旨味を引き出して、1つ食べると止まらなくなってしまう危険なおやつ。

私はいつもジャムでは無く自家製Apple Butterを使うので甘さも控えめ。ちょっと焼き過ぎかな〜ぐらいに焼き上げるのが香ばしくて好みですっ。

ルゲラーにベーグルにパストラミ。ポンチキ(ドーナツ)とコワチュキ(ルゲラーとほぼ同じ物)やチーズケーキ....この辺はポーランド??意外と知らない”○○発祥”を辿ってみるとなかなか面白い発見があります。

以上、本日のおやつタイムでしたっ。
 

2013.12.26 Thursday

Christmas lunch party 2013

家族全員が集まる恒例パーティーは、残念ながらみんなの予定が合わず今年は無し。
この時期にパーティーが1つも無いのはさみしいな〜っと思っていたので、急遽友人を招いてクリスマスランチパーティーを開催することにしました。
クリスマス前の平日、のんびり過ぎる時間をレディースのみで満喫!

女子3人なので、ボリュームは抑えめ。味よりも見た目重視(?!)ですっ(美味しかったけどね)。
もちろん全て手作り。忙しい仕事の合間にガッツリ料理するのは本当に楽しかったわ〜。

メインはハーブチキングリルのオレンジソース。彩りサラダと3種の温野菜。ローストトマトスープにコーンブレッド

ドライフィグにハチミツ&生ハムと、クリームチーズ&スモークサーモンのカナッペ2種。
そして右の写真は手作りスプレッド第三弾のLemon Curd。甘酸っぱくて、レモンの爽やかさが最高に美味しい一品に仕上がりました!これについてはまた今度詳しく紹介します。

クリスマスのテーブルセッティングはテンション上がるっ。

前回紹介したセンターピースもこうやって飾り立てると良い感じに見えるじゃん!

グルメな3人が集まると、いろんな意見を聞けて勉強になる。
料理はいつも手の込んだ味付けは一切せず、肉の時も塩&コショウとハーブのみか、バルサミコ or フルーツソースをかけて食べます。基本”ブタにリンゴ、鳥にオレンジ”なんだけど....。
「葡萄のソースも美味しいよね!」
「う〜ん!美味しいよねっ。」
「オレンジは焼いてみるのも良いかもよ。」
などなど、食べ物の話は尽きません。

デザートにUpside-Down-Cakeを焼いたのだけど。。思いっきり失敗してしまい、残念なティータイムとなりました。。
ま、こんなこともありますよ〜。

いつもね、気合いを入れて料理すると何かポカをやってしまう私。この日はチキンに火を入れすぎてしまい、美味しいんだけど気持ちパサつき感があり、オレンジソースもなんだかパッとしない味に....。
しょっちゅう作るメニューなのにね。。ササッと作った方が上手く行くのは何故でしょう。

我が家のクリスマスはこちらにまとめてあります!
---xmas---

2013.11.30 Saturday

Apple Butterいろいろ

気がつけばもう12月。
11月中旬には年末の大掃除を終わらせ、クリスマスの飾り付けも全て終了しすっかり年末気分な我が家。
毎年恒例なイラストレーターの仕事が始まり落ち着かない日々を過ごしていますが、食べることにはしっかりと時間を割いていますっ。

さて、今回は予告どおりApple Btterの食べ方いろいろ編です。

大量に瓶詰めしたアップルバターをどうやって消費しているのかと言うと....。

大好きな近所のパン屋さんの、これまた大好物なレーズンデニッシュブレッドに、た〜っぷりヌリヌリ。
レーズンとリンゴの相性は抜群ですよねっ。

チーズとの相性もバッチリ。ホットサンドにしてかぶりつくと、口の中いっぱいに幸せが広がります。
プレーンヨーグルトに乗せれば、甘酸っぱい大人ヨーグルトに。

ホカホカなコーンマフィンにもピッタリ!ほんのりスパイスの効いたアップルバターと、コーンミールのプツプツな食感がたまりませんっ!
そしてやっぱり王道なのはシンプルにトーストしたホールウィートブレッドにヌリヌリ。サックサクな所になめらかな舌触りが加わって、何枚でも食べちゃいます。
基本スプレッド(塗り物)なので、”何かに塗る”のが基本的な使い方。
でも、こんな使い方をしても美味しく頂けますっ。

直径4cmほどの"Mini apple pie"。
マフィンパンにパイ生地を敷き詰めて、アップルバターと小さくカットしたリンゴを突っ込む。上からナッツたっぷりなクランブルを乗せて焼き上げれば、あっという間に一口サイズのパクパクアップルパイの出来上がりっ!

そしてこちらは"Maple apple butter donut"。

生地にメープルシロップとアップルバターを練り込んで、ハニーグレーズをたっぷりかけた一品。
コーヒーとの相性も良く、大人の時間が流れます。

以上、いろいろ工夫してフルーツ同様、季節のスイーツを楽しんでいます。

すっかりクリスマス気分な我が家ですが、週末アメリカに住む友人が感謝祭の連休を利用して一時帰国する事になり。。
せっかくなのでサンクスギビングディナーを振る舞う予定ですっ。

---donut---


2013.11.20 Wednesday

Apple Butter

先日"Apples"の記事で予告したように、今回はリンゴを大量に使った"Apple Butte"を紹介します。
日本では”アップルバター”と称して白い物が売っていたりするので、それを見ても何だか分からなかった。。これはコレでさっぱりしていて美味しそうだけど、アメリカの濃厚なApple Butterが食べたくなったので自分で作ってみましたっ。

ちなみに....."Apple Butter"と言ってもリンゴ味のバターではありません。
そもそも"Butter"と"Jam'、"Jelly"や"Preserve"、フルーツを使った"Sauce"の違いって何よ....っと思っている人はいらっしゃると思いますが、私の中でこういったスプレッド類(塗り物)は以下のように勝手に使い分けてる。
"Butter"=茶色くなるまで加熱して練り上げた物。
”Jam"=果肉が残っている状態で"Butter"ほど加熱しない。
"jelly"=Jamを果肉の固まりが無くなるまで練った物。
"Preserve"=果肉がほぼそのままの状態で残っている物。これは何かに塗るんじゃなくて、ヨーグルトなんかに入れてそのまま食べますね。。
"Sauce"=お砂糖は少なめ、もしくは入れずに煮込んで料理と一緒に食べる。
果肉の状態や加熱方法&糖度などの他に、国によっても呼び方は違うんだと思うけど、この解釈で合っているのかな....。なので日本で売っている白い”アップルバター”は私の中で”Apple Jelly"もしくは"Jam"。あれは絶対に"Butter"では無いっ!
でも...あれってもしかして....乳製品のバターにリンゴの味付けがしてあるのかな??ややこしい。。
ま、呼び方なんてどーでも良いんだけどねっ。

約1Kgの紅玉を使い、500gのApple Butterができましたっ。

 
続きを読む >>


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

About fujey

fujey
私と旦那とSucre
その他登場人物の紹介。
料理&お菓子レシピ・各種取材・リンクについてもこちらをご覧下さい。

The journey of life

我が家の旅専門ブログ。

Copyright

Creative Commons License

当サイトに掲載されている文章・写真等の許可なき複製・使用を禁じます。
The total or partial reproduction of text, photographs and illustrations is not permitted in any form. Copyright © fujey creative All Rights Reserved.

Translation

selected entries

archives 2006 February〜

categories

recent comment

Special edition

--我が家のいろいろ奮闘記--
Home Officeリニューアル
fujey

キッチンリニューアル奮闘記
fujey

TV買い替え奮闘記
fujey

Mieleオーブン導入奮闘記
fujey

我が家のお掃除方法



Item

ご質問が多いアイテム集。
メーカーなどの情報もこちらから。
fujey

fujey

fujey

fujey

fujey

fujey


links

search this site.

mobile

qrcode