2016.01.07 Thursday

Happy New Year 2016

あけましておめでとうございます。
今年も食べたり遊んだり旅したり....っと、楽しく幸せな1年になりますように。。

今ではすっかり食べ物と遊びネタしか無くなってしまいましたが、家を建てる時に思い出や記録を残したいと思って書き始めたこのブログ。な〜んと今年の2月で10年を迎えます。で、何か記念になることでもやろうかと考え中。

今回は昨年書き留められなかった年末の出来事を一気に載せておきます。年の初めにやっておかないと追いつかないです。。
 


2015.06.10 Wednesday

BirthdayとAnniversary

5月28日はSucreのバースデー。6月2日は我が家の結婚記念日でした。
昨年の様子はこちら。

5歳になったSucre。プレゼントは旦那チョイスなこの2品を。。

おなじみ"Planet Dog"オービータフシリーズのストロベリー。
同シリーズのアーティチョークを持っているけど、口の中でコロコロやるにはちょっと大きいらしく.....もっぱらFetch(持って来い)用となっています。
 

2015.01.27 Tuesday

Dry Aging BeafとApple Butter

最近日本で流行のドライエイジングビーフ。
今だ行政による”ドライエージング技術”に対しての規制が無いため、ドライエイジングと言いつつほとんど腐ったような肉を出すレストランもある。でも、「これがウチの熟成肉です。」と言われてしまえばそれまで。
このままだと食中毒や他の重大な問題が出てきそうなので、しっかりとしたガイドラインを早いところ設定して欲しいです。

アメリカンスタイルのドライエイジングビーフが好みな我が家は霜降りたっぷりよりも赤身肉をガッツリ食べたいタイプ(もちろん脂身もWelcome)。
そんな中、高級食材がズラリと並ぶ某有名デパ地下のお肉屋さんにてドライエイジング和牛を発見っ!和牛はまだ一度も食べたことが無い&自分で調理したことが無いので思い切って買ってみた。

サーロインやヒレは¥2,800〜¥3,800/100gな中、赤身のカメノコ(※)は¥1,000/100gナリ。で、迷わずカメノコ400gを購入し、厚さ4〜5cmの肉の塊に大興奮。
さすが和牛だっ!赤身なのにこんなにサシが入ってる〜。
※”カメノコ”って何処よ?=内モモのさらに内側にある部分。ももの中では最も肉質がよい赤身肉の一部。

こういうステーキの時は塩&コショウのみとシンプルな味付けと決まってる。
とにかく分厚いのでオーブンに入れたい所だけど、火加減を見ながら調理したかったのでスキレットを傾けながら強火寄りでフランベして焼き上げた。高い肉を焼くときは緊張します。。
で、お味はと言うと....。
旦那&私:「う〜んっ!!サイコー!!!」
外はカリッと中はジューシー。ドライエイジングビーフ特有の”サックサク”な食感に、凝縮された肉の旨味と和牛ならではの脂の風味。チョイスした部位と言い焼き方&焼き加減と言いパーフェクト!
心配していた”腐敗感”は全くなく、とても美味しいドライエイジングビーフでした。このクオリティーで1人前¥2,000なんて超お徳ですっ!!
お肉屋さんでは日によって売っている部位が違うので、今度は別の部分にチャレンジしてみたいと思います。

話変わって、今シーズンもApple Butter作りましたっ。

今回は一度に大量に作ったので(1.2kgぐらいできた)、豪快な作業でした〜。
オーブンでじっくりローストした紅玉の香りが家中に漂います。

先日紹介したApple Core Removerが大活躍。あっという間にリンゴの芯抜き完了。
これでまた1年中美味しい物が食べられますっ。

我が家のHome Canningシリーズはこちらから。
Smokie Apple Butter
Maple Apple Butter
Lemon Card 
Bluebelly Sauce
Basil Pest
Pineapple Jam
SEMI-DRIES TOMATOES
Pickles
aglio, olio e peperoncino

---Home Canning--- ---Dry Aging 和牛---

2014.11.25 Tuesday

お誕生日な1日

先日お誕生日を迎えた時計職人友人。
そんな彼を祝うため、旦那と私、時計職人友人夫婦4人で1日楽しい時間を過ごしました。

午前中は旦那と友人が所属する草野球の試合があり、その後都内へ。
いつも前を通るけど中に入った事が無かった”東京ジャーミー”に立ち寄ってみた。(iPhone撮影)

うわっ......素晴らしいっ!!!!

2014.07.20 Sunday

WolfgangとWith One

今回はお出かけネタ2つ。まずは旦那のご両親とのお食事会の様子を。

食べるの大好きなお義父さんとお義母さん。いつも我が家のお気に入りレストランの中から「今回はどこへお連れしようかねぇ〜。」と考えるのが楽しいんです。
「イタリアで食べたTボーンステーキが忘れられない。」っとよく言っているお肉大好きお義父さんの言葉を思い出し、今回は初めて訪れる”Wolfgang's Steakhouse”へ行って来た。
New Yorkマンハッタンに4店舗、その他ハワイ、ビバリーヒルズ、マイアミにありますが、六本木は今年オープンしたばかりです。
今までNew York Grill・Lawrys・Barbacoa・うかい亭・モリタ屋など、数々の肉系レストランに感動してもらえたので、ここも絶対喜んでもらえるはず!

”Wolfgang's Steakhouse”の名物と言えばドライエイジングされた骨付きステーキ。日本ではまずお目にかかれないので、テンション上がりっぱなしな私。でも....ポーターハウス(フィレミニョンが大きい)じゃなくてTボーン(フィレミニョンが少ない)なのが残念。。何で日本だけ??
ま、サーロイン大好きなので良いけどね。
で、いきなりド〜ン!!

前菜はクラッシックシーザーサラダ、メインはTボーンのFor Three(3人前で骨抜きの重量が約850g)、サイドメニューにアスパラガスのボイルとマッシュポテトをチョイス。
お肉は900度のオーブンでお皿ごと焼き上げるので、テーブルに運ばれた後もどんどん火が通る。なので焼き加減はレアでリクエスト。
目の前にドカンと置かれたお肉は迫力満点。バターと肉汁たっぷりで、お味&噛み心地も最高!!フィレミニオンはフッカフカ、サーロインの脂身はさっぱり。これぞアメリカンビーフだよねっ!
ドライエイジングビーフ万歳っ。

骨付き肉は何と言っても”骨の周り”のお肉がウマいっ!カブリつきたいのをひたすら堪え、フォーク&ナイフで全部こそぎ落とした。噛み締めるたびに幸せになる、最高に美味しいお肉との出会いでした〜。
巨大な肉の固まりをペロリと完食し、全員:「まだ食べられるね。」
でもね、この後も美味しい物が待っているので、ここでデザートは食べずホテルニューオータニへ移動。そう、オータニと言えばコレ.....スーパーメロンケーキを頂きました。あ〜幸せだなぁ〜。
その後400年前に作られたホテルの庭園をお散歩し、ご両親と楽しい一時を過ごしました。
今回のコースも感動&喜んでもらえて良かったです。また美味しい所にお連れしますね!

お次のネタは我が家を建ててくれたWith Oneの新しいモデルハウス(世田谷オークラランド)に行って来た話題。

ゴールデンウィークにオープンパーティーのお誘いを頂いたのだけど、旅行に行っていて出席出来ず。。
只今、With Oneの力を借りてある計画が進行中な我が家。で、その打ち合わせも兼ねてお邪魔してきました。

相変わらず素敵なデザインと素材の組み合わせ。使っている材料や工法は変化しつつも基本的なスタイルは変わっていないWith One。
ここまでこだわり抜いて長年業界でやって行くのは大変だと思いますが、監督Nさん曰く「めちゃくちゃ忙しいです。」とのことで何よりです。

築8年目を迎えた我が家。全く飽きる事なく住み心地抜群なので満足していますが、こういうの見ちゃうといろいろやりたくなってしまいます。
いや〜、素晴らしいですねっ。

監督Nさん:お忙しい中時間を裂いて案内、打ち合わせをして頂きましてありがとうございました。今後ともよろしくお願いしますっ。
 

2014.04.01 Tuesday

節目のお祝い

今年で勤続20年を迎える旦那。周りの人達から”スーパーサラリーマン”と言われるくらい忙しい毎日を続けて来た旦那には、「ありがとう。」っと言うだけでは感謝しきれません。
何か良いプレゼントは無いかな〜...っといろいろ考えたのだけど、”ゆっくりしてもらう”事が一番かな....っと思いここへ行ってきました。

※全てiPhoneにて撮影
毎年JALから送られてくるクーポンの使用期限が迫っていた...って事もあり、2年前にも利用したホテル日航東京(お台場)へ1泊。の〜んびり&ぐ〜たらと贅沢な時間を過ごしてきました。

2011.03.06 Sunday

絶景見ながら・・。

 JALダイアモンドの特典でもらった5万円分のダイアモンドプレミアムクーポン。
宿泊&ツアーのみにしか使えないので「こんなんもらってもね〜・・。」と、文句を言っていたけど。。
3月31日で有効期限が切れてしまうので、思い立って家から車で30分のホテル日航お台場に宿泊してきましたっ。
クーポンがレストランでは使えないので、”レインボータワービューTWN 夕・朝食事付きプラン”と言うので予約。金額にすると通常2人で10万円以上なのがネット価格で¥49,800。
だいたいこういうプランって期待させておいてたいした事が無かったりするけど・・・良い意味で予想を全く裏切ってくれました。
金曜の夕方旦那と現地集合だったので、私だけ先にチェックイン。
※コンデジ撮影なので綺麗じゃないです。
予想以上に広くて良い部屋なので、あらビックリッ。。
部屋まで荷物を運んでくれ、カードキーの使い方まで丁寧に教えてくれた接客係(?)のお姉さん。部屋に入るとTV、電話、各種電気スイッチの使い方、オマケにポットにお湯を沸かしてくれて、最後に「他に何かお役に立てる事はありませんか?」と・・。これだけ丁寧にいろいろやってくれたので、これ以上は望みませぬって感じでしたが・・。
私:「あ・・すいませんが加湿器なんて便利な物はありませんよね?」
お姉さん:「はい、ございます。すぐにお持ちしてセットさせて頂きます。」
・・・おおぉ〜。海外ならこの後指をスリスリやってチップが出てくるのを待っていそうだけど、にこやかに引き上げたお姉さん。いや・・ついついチップを渡してしまいそうだった私です。。
部屋から見えるのは絶景。
東京に住んでいても夜景なんてじっくり見ることは無いし、車でレインボーブリッジを何千回通っていても、この角度からは初めて。東京の夜景も捨てたもんじゃないねっ。
今年結婚15周年を迎える我が家。いい記念になりましたっ。
総支配人からお花とメッセージカードが置いてあり、お心遣いに感謝です。
このレインボータワービュールームは40平米でツインのお部屋。シャワールームから夜景を見られる”ビューバス”となってます。
正面にレインボーブリッジと東京タワー、右手にはもうちょっとで出来上がる東京スカイツリーとお台場自由の女神像が見えて、本当に良い眺めでした。
夕食は楽しみにしていたGrill&Wine Taronga(タロンガ)にて。
これまた素晴らしい夜景を見ながらの食事でした。
25種類以上ある自家製ソースを好きなだけチョイスし、グリルされた野菜やパン、お肉やお魚につけて食べます。これがまたどれも絶品。
メニューは、厳選野菜のグリル、前菜(旦那は中トロとアボカドのディップ、私は魚がダメなのでキッシュにしてくれました)、メインのドライエイジングビーフ、デザートとコーヒー付き。夜だったので写真が上手く撮れず・・。詳細は公式サイトをご覧下さい。
でね・・。このドライエイジングビーフがなかなか美味しかった。14日間かけて熟成庫の中で空気に直接触れさせながら乾燥熟成された、日本ではなかなか食べられない赤身のお肉です。サクサクと適度な噛み応えがあり、分厚くボリュームタップリなステーキは”肉の味”がしっかり楽しめる一品。渡米したときにしか食べられないと思っていたけど、これから日本でも食べられるレストランが増えるといいな〜。
デザートはアップルパイとバニラアイス。結婚15周年のお祝いにお皿にメッセージを書いてくれました。この日が”結婚記念日”ではないんだけど、勘違いしているホテルの人達に結局打ち明けられなかった。。ごめんなさい。
宿泊プランに付いてる食事なので、ホント期待していなかった旦那と私。なので美味しさもひとしおでした。
このタロンガではランチとディナーが楽しめ、さらにこれからの季節はテラスでのB.B.Qメニューも始まります。今回と同じディナーコースは通常¥5,250とかなりお得なのでオススメですっ(現在キャンペーン中でなんと¥3,150!)。
普段外食してもなかなかうならない(美味しくて)我が家ですが、ここは大変気に入りましたっ。
お腹もいっぱいになったので、部屋に帰ってマッタリ。
早めのお風呂タイムでゆったりのんびりしました。
東京タワーとレインボーブリッジのライトが消える瞬間を見たくて(深夜12時)待ち構えていたのですが、歯ブラシに歯磨き粉をつけてる間に消えてしまいました・・ショック。
次の日は天気も良く、これまた素晴らしい景色が・・。
朝食は夕食と同じくタロンガのブッフェです。
美味しくてあっという間に食べてしまい・・写真がこれしかなくてごめんなさい。。
和食、洋食、種類豊富なパン&自分でカットして好きなだけ食べられるチーズ2種。フルーツ&各種フレッシュジュースがあり、ホテルの朝食に欠かせない卵料理は好きな調理法で作ってくれます(オムレツ・目玉焼き・スクランブル)。
シリアルや何故か朝食なのにカレーなんかもあり、大満足な朝食でした!
これなら毎年来たいわねっ(タダだから)。たっぷりとホテル日航お台場を満喫した週末でした。
で、我が家のSucreはと言うと・・。私の実家に初お泊まり。
以前から頻繁にルークを預かってもらていたので、安心して父&母に任せられました。
「手が掛からないからいつでも連れておいでっ!」と、言ってくれるのでありがたいです。
またよろしくお願いします。。

---お台場お泊まり---


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

About fujey

fujey
私と旦那とSucre
その他登場人物の紹介。
料理&お菓子レシピ・各種取材・リンクについてもこちらをご覧下さい。

The journey of life

我が家の旅専門ブログ。

Copyright

Creative Commons License

当サイトに掲載されている文章・写真等の許可なき複製・使用を禁じます。
The total or partial reproduction of text, photographs and illustrations is not permitted in any form. Copyright © fujey creative All Rights Reserved.

Translation

selected entries

archives 2006 February〜

categories

recent comment

  • ウォークインクローゼット
    まなみ
  • ウォークインクローゼット
    fujey
  • ウォークインクローゼット
    まなみ
  • ウォークインクローゼット
    fujey
  • ウォークインクローゼット
    まなみ
  • DIY -キッチン タイル編-
    さな
  • DIY -キッチン タイル編-
    fujey
  • DIY -キッチン タイル編-
    さな
  • 糖尿病犬
    fujey
  • 糖尿病犬
    レオンママ

Special edition

--我が家のいろいろ奮闘記--
Home Officeリニューアル
fujey

キッチンリニューアル奮闘記
fujey

TV買い替え奮闘記
fujey

Mieleオーブン導入奮闘記
fujey

我が家のお掃除方法



Item

ご質問が多いアイテム集。
メーカーなどの情報もこちらから。
fujey

fujey

fujey

fujey

fujey

fujey


links

search this site.

mobile

qrcode